01

受講生

浅井 侯序さん/65歳 ※2020年3月現在
愛知県春日井市在住

六十の手習いは、有意義な投資です!

40年会社勤めをしていて、当然パソコンを使ったことはあったし、「使える」と思っていました。しかし、あらためて「コンピューター入門」でパソコン操作を学んでみると、自分が使えていたのはWordやExcelのごく一部の機能でしかなかったと思い知りました。今では、先生の熱心なご指導のおかげで、ほぼ使ったことがなかったPowerPointで本格的なスライドショーが作れるまでになりました。CAACは、カルチャースクールなどと比べると学費はかかりますが、得られるものはそれ以上で、とても有意義な“自分への投資”だと思います!知らなかったことを学ぶ楽しさと、新たな知識との出会いが人生を豊かにしてくれるということを、CAACでの学びが教えてくれました。

02

受講生

松本 直美さん/52歳 ※2020年3月現在
愛知県名古屋市在住

看護師として働きながらCAACへ。

私は看護師として働きながら、主婦として家事・育児もしているワーキングマザーです。ありがたいことに職場の理解もあって、CAACの授業がある午前中は避け、夕診を中心にシフトを入れてもらうなど配慮してもらっているので、仕事と学業の両立ができています。中部大学は図書館やプールなど、驚くほど設備が充実していてキャンパスライフを満喫しながら学べるのが魅力。また、同世代の気さくなクラスメイトとの出会いや、自分の子どもと同じような一般学生さんとの交流もできて、とても楽しく通うのが楽しみになっています。私にとってCAACは心の拠り所です。家庭と仕事以外にも、自分の居場所ができるのってこんなに嬉しいことなんですね。

03

修了生

崎田 純さん/67歳 ※2020年3月現在
愛知県春日井市在住 研究生2年目

CAACは私にとって第二の青春。

私は一期生としてCAACに入学、修了したあとも研究生として学び続け、もう6年目です。自分がこれほどまでに勉学に熱中できることに驚き、喜びを感じています。特に興味があるのは、名古屋圏の地理・歴史。生まれ育った土地のことはよく知っているつもりでしたが、むしろ知らないことの方が多く、研究する手ごたえを感じています。CAACに通うことで、心身ともに若々しくいられるような気も!また、入学前までの自分は、いわゆるボランティア精神などとは無縁だったのですが、授業の一環で特別支援学校や病院を見学し、福祉について学んだことをきっかけに、施設でのボランティアも始めました。還暦を超えてもなお、人には伸びしろがあるのだと感慨深い気持ちです。

04

修了生

大森 正一さん/63歳 ※2020年3月現在
愛知県岡崎市在住 研究生1年目

バイオリンという生きがいに出会えた。

今の私の大きな生きがいは、CAACで出会ったバイオリンです。音楽といえば、小学校のときのリコーダーを吹いた程度、そんな私がバイオリンに夢中になっているなんて、自分でも信じられません(笑)。実は退職直後、独学でピアノを始めたのですが、なかなかうまくいきませんでした。そんな私でも、CAACでプロの演奏家の先生から教わり、練習を重ねるうちに上達。最初は楽譜を読むこともおぼつかなかった私ですが、「CAAC学習成果発表会」ではベートーヴェンの歓喜の歌を学友と一緒に披露することができ、感動しました。学ぶ喜びを分かち合える学友との出会いも、私にとっては大きな宝物です。2年間の課程を修了して、もう1年研究生としての在籍を決めました。